病院から転院するにはどうすればいいの?

整形外科と整骨院との違い

施術写真

整形外科と整骨院は似ているようで違います。

まず似ているところはどこかといいますと、痛みを伴う症状を治療するという点です。
交通事故で骨折や脱臼、むちうちなどの症状を発症したときは、整形外科でも治療を行うことは可能ですし、整骨院でも治療できます。
治療に関して、整形外科は投薬や電気療法を行うことが多いといえます。
そして、レントゲンやMRIで精密検査を受けることができます。
一方の整骨院の治療法は整形外科とは異なり、投薬や電気療法に頼るのではなくマッサージなどで直接体をほぐして、異常が出ている体を正常に戻し痛みを取り除きます。

病院で良くならない場合は・・・

交通事故に遭うと、自賠責保険の適用があるので何かと保険会社さんと接する機会が増えます。
しかし、保険会社側はあまり治療費をかけて欲しくないがために、入院が長期化するとそろそろ通院にしても良いのではないかという提案や、整骨院など余計に費用がかかるものは勧めないということもあります。
しかし、整骨院は交通事故の治療としてかなり効果的だといえますので、病院や整形外科で治らない方は是非利用した方が良いと思いますし、はじめから両方通うのも得策だといえるでしょう。

看護師イラスト

ちなみに、交通事故で整骨院の治療を受ける際には、はじめに病院や整形外科でレントゲン等の検査と診断書を作成してもらうことが条件となりますので覚えておきましょう。
例え交通事故に遭って任意保険への加入がないとしても、自賠責保険の適用で上限金額は120万円となります。
また、保険適用外となっても加害者へ請求する方法もあります。
交通事故の被害者によくあることなのですが、むちうちなどの症状を甘く見て後で泣き寝入りしてしまうということもあります。
いきなり後遺症が出たというのなら治療費の補償を受けることができますが、事故直後からむちうち症状に気付いていたにも関わらず治療を受けなかった場合は、時効期間の2年が到来すると補償は受けられません。
また、病院で異常なしという診断のため放置していた方も厳しいといえます。
このような点を踏まえると、少しでも違和感がある方は様々な医療機関で診てもらうことをおすすめします。

病院から他の医療機関に転院は可能?

整骨院施術写真

交通事故に遭ってしまい、救急車で運ばれた病院で検査、治療をうけ、そのまま継続して治療をうけていたけど、よくなっている気がしないので他の医療機関にかわりたい。そんなお悩みもよくきかれます。
結論からいうと全く問題はありません。

例えば普通のケガをした場合、健康保険を使っての治療を受けることになります。
その場合、自由に違う医療機関に転院したり、病院に通いながら整骨院などにも通ったりするでしょう。
自賠責保険を使用しての治療も基本的には同じです。
病院と、整骨院とを併院することも、他の医療機関に転院することもできます。
整骨院や接骨院も厚生労働省の認可をうけた医療機関ですので、病院と同様に自賠責保険、任意保険の対象となります。

転院するにはどうすればいい?

病院などから転院あるいは併院する場合の手続きは、保険会社さんに転院しますと伝えるだけで大丈夫です。
ただし、同じ日に複数の医療機関を使うことはできません。
ご不明な点は、ジコサポ神戸にご相談ください。
転院手続きの代行もします。

ジコサポ神戸 お問い合わせ・アクセス

ジコサポ日本神戸支部。フリーダイヤルはこちら、無料相談実施中

〒654-0131 神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

TOPへ戻る