慰謝料や休業補償はどうすればもらえる?

なるべく早く専門家に相談しましょう

交通事故写真

交通事故が発生するとしばしばお金の問題に発展することも少なくありません。
しかし、被害者となってしまった場合に加害者に対して治療費の請求をするのは当然だと思います。
交通事故など頻繁に起こるものではないため、初めて被害者となってしまった方は請求する金額の相場が分からないと困る方も多いのではないでしょうか。
なかには、加害者を気遣って慰謝料は請求しない方も多いと思います。
指が少し腫れただけという症状や車に少しかすった影響ですり傷が出たというくらいでしたら、仕事にも影響は出ませんし、後遺症となる可能性も無いと考えて良いので慰謝料の請求までしなくても良いかと思われますが、怪我の度合いが大きくなるにつれて請求も慎重に行わなくてはなりません。
傷害事故の請求限度額は120万円ですので、足りなくなることも十分に考えられますし、そうなると加害者本人への請求も検討しなくてはなりません。
加害者によってはなかなか請求を受け入れてくれない場合もありますので、専門家に依頼してスムーズな請求手続きを行うことをおすすめします。
ジコサポ神戸では無料相談を行っています。お気軽にご相談ください。

自賠責保険の仕組みと請求の流れ

自賠責保険と任意保険

自賠責保険、任意保険

交通事故に遭ってしまった場合の保険適用については任意保険自賠責保険があります。
任意保険は強制ではないので加入していないと保険の適用を受けることができませんが、自賠責保険に関しては強制加入となっていますので、交通事故で怪我をしてしまった場合に治療を受けたお金が戻るのかと心配する必要はありません。
尚、自賠責保険は対人賠償のみが対象となりますので、対物補償はされないことを念頭に置いておきましょう。

補償される金額については傷害事故の場合で120万円が上限となります。
120万円という金額だけを見ると多くの金額が補償されるというイメージから、任意保険への必要性はないのではと思う方も多いと思います。
しかし、この金額は後遺症が残らなかった場合を想定すると、死亡以外は120万円の補償が上限という意味になりますので、自賠責保険で全てがまかなえる訳ではございません。
ましてや車対歩行者の場合だと重体に陥る可能性も高いといえますので、加害者の立場からすると任意保険も重要となります。
傷害事故以外では、後遺障害が残った場合で75万円~4000万円、死亡事故に関しては3000万円の補償がされます。

加害者請求と被害者請求

請求の流れは、任意保険に加入していない場合は、通常、加害者請求被害者請求に分けることができます。

お金イラスト

加害者請求とは被害者が予め自分のお金で治療費などを支払っていたり、加害者が被害者の治療費を支払っている場合に保険会社に請求することを指します。
しかし、中にはひき逃げなどにより加害者と連絡が取れないということもあります。
このような場合は被害者請求といって、被害者が自ら治療費や慰謝料の請求を行うことで補償を受けることができます。
ただし、これらの請求権には時効も存在しますので注意が必要です。
加害者請求の場合は、賠償金を支払った翌日から2年が経過すると消滅時効が到来しますので請求を行うことができません。
また、被害者請求に関しては死亡した場合、死亡の翌日から2年、傷害事故の場合も同様に2年、後遺障害に関しては症状固定日から2年経過で時効となっていますので、病院などで後遺症が残ると発覚した日から起算されることになります。
時効は災害などの正当な理由がない限り、絶対的ですので十分に注意致しましょう。

また、加害者も骨折などをしている場合は、こちらに過失が無ければ補償を受けることはできますが、手続きの遅れなどから請求がスムーズにいかないことも予想されます。
そんなときに活用できるのが仮渡金の請求です。

仮渡金の請求とは

仮渡金の請求とは、加害者と連絡が取れず請求がスムーズに運ばないときに、お金が無くて治療が受けられないというような事態に陥らないための救済方法です。
医師の作成した診断書と請求書があれば1週間程度で仮渡金が支給されますので、治療費が払えないなどの急を要する場面で活用致しましょう。
ちなみに、上限金額は死亡の場合で290万円、傷害事故の場合で5万円~40万円となっています。

内払い金の請求とは

内払い金写真

そして、もう一つ内払金の請求というものもあります。
内払金の請求は請求額が決定していない状態で請求する場合に適用されます。
例えば、治療の長期化に伴い治療費がまだかかる恐れのあるときなどに、10万円を超える金額から請求することができて、上限金額は120万円となっています。
1度ならず何度でも行うことができるのでとても便利です。

ジコサポ神戸 お問い合わせ・アクセス

ジコサポ日本神戸支部。フリーダイヤルはこちら、無料相談実施中

〒654-0131 神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

TOPへ戻る