加害者・自損事故でも保険は使える?

加害者、自損事故でも保険から治療費がでることがあります。

加害者の治療費は?

交通事故においては、加害者と被害者が存在します。
自賠責保険においては、ケガをさせた人を加害者、ケガをさせられた人を被害者と呼びます。

イラスト自損事故

自賠責保険の対象となるのは、交通事故で他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまったりした場合の人身事故だけです。
この他人というのは、車の運転者とその自動車の所有者以外の人です。

しかし、加害者および加害車両の同乗者がケガを負うケースも多いです。 この場合、加害者の方が自賠責保険から治療費がでないので、高額の治療費を払えないからと治療をうけるのを躊躇することもあるようです。
このようなケースでも、相手方にも過失が1割でもあれば、相手の自賠責保険の適用になり、治療費も自賠責保険の対象となる場合もあります。
また、加害者本人の加入している任意保険から治療費が出る場合もあります。

交通事故に関しては個々の状況によって、保険の適用の有無、補償される金額は変わります。
自己判断なさらず、専門家に相談することが一番確実です。
ジコサポ神戸では保険や法律のプロをご紹介します。
お気軽にご相談ください。

自損事故の場合の治療費は?

自損事故でケガを負うケースは多いですが、自損事故の場合は自賠責保険の対象にはなりません。
ですが、任意保険や健康保険で治療費がまかなわれることがありますので、ご加入の任意保険証をよく確認することが必要です。
また、通勤途中の事故でしたら、労災の対象になることもあります。
自損事故でむちうちになったけど治療費が払えないので我慢しているという方、一度ジコサポ神戸にご相談ください。

ジコサポ神戸 お問い合わせ・アクセス

ジコサポ日本神戸支部。フリーダイヤルはこちら、無料相談実施中

〒654-0131 神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

TOPへ戻る