勤務中の交通事故、労災はどうすればいい?

まず労災保険とは、業務上の事由または通勤による労働者の負傷などにについて、労働者やその家族のために必要な保険給付を行う制度です。

むちうち写真

そのうち通勤災害は、就業に関し住居と就業場所との往復、就業場所から他の就業場所への移動等によりこうむった負傷などの事をいいます。
通勤災害と認定された場合の仕事中、または通勤途中の交通事故の治療費は、全額労災保険よりまかなわれます。
また、治療のため仕事を休まなければならなくなった期間の賃金も、一部補償されます。

通勤途中にあった交通事故は労災の適用になるとともに、自賠責保険の適用になる場合もあります。
それぞれのケースでどちらを選択した方が有利なのかは、なかなか素人にはわかりづらいです。
ジコサポ神戸では無料相談を随時行っています。
交通事故のプロに相談することをオススメします。

労災についての誤解 3つ

労災保険を使って治療を受けるのはよくないことだという誤ったイメージがあるようです。
このような誤解から治療を受けるのを控えてしまい、後遺症が後々まで残ってしまうことのないよう、労災の適用が可能であれば、保険をつかってきちんと最後まで治療をするべきです。

誤解1、労災を使うにあたり会社の許可が下りない

労災保険を使って治療をうけるには、会社の許可が必要という誤解をもっておられる方もいるようです。
ですが、そんなことはありません。
労災を使うには、治療を受けた機関に、労災保険で治療をうけると申し出て必要な書類をもらい、それを会社に提出するだけでいいのです。

誤解2、労災を使うと会社側の保険料が上がってしまう

労災保険を使って治療をうけると会社側の保険料が上がるのでやめてほしいと会社に言われた、という声が聞かれます。
法律上労災保険料が増減する会社と定められているのは、大企業と一般的にいわれている会社です。ですので、中小企業には関係ありません。

大企業も現在は法令順守が厳しく定められていますので、会社に対して労災を使うことを遠慮する必要は全くないです。

誤解3、労災を使うと会社に悪いイメージがついてしまう

これも全くの誤解です。
頻繁に労働災害が起こり、行政指導が入ったケースや、逆に労災保険をつかわ使わせない労災隠しがマスコミに報じられ、労災について悪いイメージがついてしまったせいだと考えられます。

ジコサポ神戸 お問い合わせ・アクセス

ジコサポ日本神戸支部。フリーダイヤルはこちら、無料相談実施中

〒654-0131 神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

TOPへ戻る