レントゲンで異常がなかったが辛い症状がある

交通事故に遭ったら、体に痛みなどの異常を全く感じなくても必ず病院の検査を受けるべきです。
交通事故直後は心身ともに大きなショックをうけ、興奮状態にあるので、体の痛みや違和感を感じづらいのです。

レントゲン検査で分からない異常って?

レントゲンによる精密検査は、交通事故後必ずうけるべき重要なことです。
特に骨に異常があるときは、精密検査をしてどの部分がおかしいのかしっかりと検査する必要がありますので、レントゲンによる精密検査によって確実性のある治療を受けることができます。
このように良い点があるのですが難点もあります。
それはレントゲンなどの精密検査で異常が出なかった場合です。
骨折や脱臼はレントゲンを見れば一目瞭然で異常に気付くのですが、骨ではなく筋肉などに異常がある痛みの場合や、むちうちの場合はレントゲンで確認することができません。
そして、異常なしという結果に終わってしまうことも少なくありません。
しかも、むちうちの怖いところは、放っておくと症状が悪化してしまうことが多いことです。

むちうちの原因になる筋肉の傷み、関節の歪みなどはレントゲンには映りません

むちうち治療はむちうち専門治療機関へ

むち打ち治療専門機関写真

では、検査でも異常がないのに、体に症状が出ている場合は、どうすればよいのでしょうか?
やはり、交通事故むち打ち治療経験の豊富なむちうちを専門に治療している機関を受診することをオススメします。
触診や問診をして、体の緊張、歪みをとる治療を行います。
お近くのむちうち専門治療機関が分からない時は、ジコサポ神戸にお気軽にご相談下さい。お待ちしています。

ジコサポ神戸 お問い合わせ・アクセス

ジコサポ日本神戸支部。フリーダイヤルはこちら、無料相談実施中

〒654-0131 神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

TOPへ戻る