保険治療を打ち切られそう

被害者自ら保険会社に治療費を請求できます

交通事故に遭ってしまった場合は、被害者の過失がない限り治療費や慰謝料などを請求することができます。
相談写真請求は加害者請求と被害者請求に分かれており、仮に加害者が支払いに応じないなどといった場合に、被害者自ら治療費などの請求を自動車保険会社に請求することで補償を受けることができるようになっています。
自賠責保険は一見手厚い補償のように見えることもありますが、交通事故でかかる治療費や怪我の度合いによっては仕事もできなくなる可能性がありますので、自賠責保険だけでは賄えないというケースもよくあることです。
また、相手の乱暴な運転が引き起こした交通事故で自分の片足が動かなくなるといった後遺症まで残ってしまうと、単に治療費や仕事が出来ない期間の休業損害だけ受け取れば良いという問題ではなくなります。
そこで、当然慰謝料の請求が発生すると思うのですが、自賠責保険の上限を超えた請求を加害者から行うのは容易ではありません。
これら請求時のトラブルでお悩みの方は一度専門家に相談すると良いでしょう。

保険治療を打ち切ると言われた場合どうしたらいい?

ジコサポ神戸相談風景写真

治療がまだ終わっていないのに、保険治療を打ち切られるケースもあります。
ただし、保険会社さんに治療を打ち切る権限はありません。
しかし、交通事故に関してプロである保険会社さんとうまく交渉して治療を引き延ばすのは、難しいものです。
ジコサポ神戸では、そんなお悩みを解消する専門家をご紹介します。
お気軽にご相談ください。

ジコサポ神戸 お問い合わせ・アクセス

ジコサポ日本神戸支部。フリーダイヤルはこちら、無料相談実施中

〒654-0131 神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

TOPへ戻る